着物着て桜を見たい♪

おはようございます。

今日は良い天気ですね。朝の5時前から部屋が明るくなり一日の始まりを知りました。ランニングに出ると昨日の雨で、桜の花びらが散る美しさもなく地面に張り付いていて勿体ないなぁ。とおもいました。

 

咲き誇る桜を見ていると日本人でいて嬉しいなぁ。と思います。梅を見て春の始めを喜び、紫陽花で雨の鬱陶しさを楽しんだりしますけど、桜はサッと咲いて春の到来を知らせて、咲いている花の美しさに見とれている私を置いてサッサっと来年の準備に入る。美しさを私の脳裏に残して。とてもドラマのある花だなと毎年思います。

 

もう一つ、日本人でいて嬉しいのは着物が着られる事です。一時期、とても太っていた事があり、これでは体力勝負な所がある仕事をしている身として危険を感じ、前から気になっていた加圧トレーニングを始めたのでした。

 

師事したトレーナーが、とても面白いアドバイスを下さる方でした。例えば、良い機会だからスタジオへランニングでおいでよ! とか。自分では思いつかないアイディアを色々提示して下さいました。 おかげさまで筋肉を付けつつ痩せる事が出来ました。仕事をしていても身体の疲労度も変わり、太る前よりも身体機能が向上して、より良い施術が出来るようになったと体感しています。

 

身が締まり、しなやかに身体を動かせるようになった時に、ふと着物が来たくなりました。私にとって着物は憧れの衣装です。私の七五三の写真に母が着物姿で写っていて綺麗だなと思いましたし、作りがとても豪華で迫力のある生地が沢山ありますよね。ただ、太っていた自分にはその着物に引け目を感じていました。それだけ着物に思い入れがあったのだと思います。

 

その引け目から解放されて、今は大いに着物を楽しんで着ています。ただ着るのではなく、着慣れたかったので、患者様の紹介で、お茶を習い始めて教室で先生と先輩に導かれて着物に慣れ親しめるようになりました。嬉しいことに、四季を盛り込んで行われて、益々、日本文化の良さを味わうようになりました。

 

桜の花を見てると、沢山着物を着たくなるのでした。

 

今日もご一読頂きまして、ありがとうございました!

 

f:id:m-nikken:20170410084527j:image

広告を非表示にする